久しぶりに実家に帰ったときのこと…

母は外反母趾で、いつもパンプスなどを履く際に痛がっていたので大丈夫と心配していたらこんな話をしてきました。

母が若い頃はネット社会ではないので治療法についても情報が少なく、また、外反母趾の人が履きやすい靴もなかなか見つからなかったようで、専用の器具で革靴の幅を広げて履いてことがあったそうです。

あるときに東京にいる親戚のところに遊びに行った際に、高級デパートで足のサイズを測ってもらい、フィットした靴を買ったらしいです。かなり値段が高かったように記憶していて、20年ぐらいは履いているのでもとは取れていると思います。何より、母が足の痛みを気にせずに外出できるというところが良かったと思います。

そんな母の遺伝か、私も社会人になってから外反母趾になってきました。靴屋でちょうどいいと思って買った靴が歩いているうちに足に痛みが出てくることが多くなり幅広のものでなければいけなくなってしまいました。最近では、幅広の靴を履くようにしています。

あまりの痛さに整形外科を受診したこともありましたが、痛みは薬で軽減できるものの、外反母趾自体を治すことはできませんでした。整体院では痛みを緩和するためにマッサージをしてもらったものの、こちらも根本的な治療にはなりませんでした。

どうしたものかと『神奈川県外反母趾』で調べてみたらいろいろヒットしてきました。神奈川県でも外反母趾の専門にやっている整体などもあったけど、結局場所や時間帯が合わずになかなかいいとことが見つからなかったです。

けれど、自宅で改善できるものがあってそれを買おうかどうか迷っているところです。たぶんこれ以上長引かせると非常に痛いので買ってしまおうとも思っています。にしても外反母趾って遺伝なんかあるんでしょうか?

こんな遺伝子を受け継ぎたくはなかったですね。でも、なってしまたのでどうにかして治していかない…