3月17日オーストラリアで開催された今年最初のF1グランプリでホンダが3位に入り、11年ぶりに表彰台に上がりました。

優勝までの階段はまだ厳しいのかもしれませんが、3位入賞を素直に嬉しく思いました。

2015年にホンダが名門マクラーレンと組んでF1に復帰したとき、両者の黄金期を知っている人たちにとっては期待に胸を膨らませたものでした。

しかしなかなか成果を上げることができず、敗因がすべてホンダにあるかのようなマクラーレンの上から目線には、正直腹正しい思いでいっぱいでした。

2018年はマクラーレンとは別れ、トロロッソと組むことになり、高慢なマクラーレンと比べると小さなトロロッソは素直にホンダを組めることを喜び、ホンダのスタッフも自由にのびのびと働くことができているように感じました。

そして復活の兆しが見え始め、2019年はトロロッソだけでなくトロロッソの親会社であるレッドブルとも組み、エンジンを供給することになりました。

そして、最初のグランプリで表彰台をゲットしたわけです。

前評判の高かったフェラーリに勝ち、ディフェンディングチャンピオンのメルセデスに対しても良い勝負をしていました。

優勝も見えてきたのではないかと思うとうれしい限りですね。